mens icon vol3

今回のmens iconでは2人のイギリスを代表するアーティストをまとめています。



David Bowie


Mick Jagger


まずは、


【David Bowie】


もはや説明不要。


2016年に亡くなった時には、各国各紙各snsでこぞって特集が組まれました。


日本でも2017年に大回顧展


【David Bowie is 】が開催されて話題になりました。


King of Icon


1964年のレコードデビュー以来、作品を通してそれぞれのキャラクターを演じました。


70年半ば以降はキャラクターを演じる事がなくなったが、亡くなる2日前にも新アルバムが発売されるなど、生涯作品を作り続けました。




64年デビュー当時のからキャラクターを作る前の写真




最初のブレイク 69年に発表した スペースオディティ。

宇宙飛行士のトム少佐を演じた。




72年発表のジギースターダスト

宇宙からやってきたロックスター『ジギー』を演じる。



73年に発表されたアラジンセイン

赤い髪にメイク。山本寛斎の衣装で世界中でツアーをしました。

グラムロックを代表するアーティストになりました。



75年に発表されたヤングアメリカンズ

『ジギー』のキャラクターをあっさり葬る。




76年に発表されたステイショントゥステイション

『Thin white duke』というキャラクターを作る。白シャツに黒のベストとパンツという

シンプルなスタイルに変化しました。




77年 発表のHeroes

ベルリンに移住してた時期の三部作のひとつ。

とにかくアルバムジャケットがカッコイイです。写真はBowieを40年間撮り続けた

鋤田正義さんによるもの。


ジャケット写真を撮る目的ではなく、鋤田さんの作品撮りの写真が本人がえらく気に入り、アルバムジャケットに採用されました。




2013年に発表された ネクストデイでも採用されています。



80年以降はキャラクターを演じることをやめて、2016年までに様々な作品を発表し続けました。




当時のキャラクターはメンズ、レディース問わずに各国のファション誌、ファッションショーでオマージュされています。


以上 David Bowieでした。



続いて、



【Mick Jagger】 


Michael Philip Jagger ミックの愛称で知られています。

イギリスのミュージシャン

ローリングストーンズのボーカルです。




62年デビューから2019年の現在まで長くローリングストーンズのボーカルを務めています。今年はじめに心臓手術を行い、ツアーが延期になっていましたが、無事に復帰して圧倒的なパフォーマンスを見せました。

70歳を過ぎてもロックバンドのボーカルなんてカッコよすぎます。




デビューから現在までの55年の歴史の中で、ミックの変わらないスタイルがあります。

レングスはミディアムからロングと様々ですが、バングス、トップからのレイヤー、無造作なカールとはね具合、耳は出しません。


何歳になってもかっこよくステージに立ち続ける、まさに生きる伝説。


アイコンたちは


メンズヘアメイクの参考になりますので、興味がある方は掘り下げてみてください。