The Power of Make up  Vol 2

​撮影においてメイクの重要性は説明するまでもありません。

この『Pwaer of make up』では、撮影に従事する方や、これから作品撮りをしていきたい人に向けて、

Make Upの効果やそのHow toを伝えていきます。

今回は、 スモーキーアイです。

スモーキーアイは、2019年秋冬のトレンドメイクで、クラシカルな流行が戻ってきます。

今回はモデルの雰囲気に合わせたモダンなスモーキーアイを提案させていただきます。

​今回もメイクをしていただくのは、NAOYUKI WATANABEさんです。

​                                                                  

​モデルはRioさんです。

​仕上がりがこちら

​前回のナチュラルメイクとは正反対。モードです。しっかり色を乗せたスモーキーアイなのに、古く見えません。モダンでクラシックな絶妙なバランス。

NAOYUKIさんに解説してもらいました。

​HOW TOと共に見ていきましょう。

HOW TO  Natural  Make up

ベースメイクは前回と同様

1、入念なスキンケア​から始まります。

コットンにたっぷりの化粧水(アイテム)した後に乳液(アイテム)で保湿してあげる。

下地(アイテム)、ファンデーション(アイテム)はごく薄く。

本人の肌を活かして作っていくことで、古臭くならない

​、目元をコンシーラー(アイテム)でカバーする。ここで、くすみなどをしっかりカバーする。

その上にパウダー(アイテム)を乗せて抑える。

 アイブロウ(アイテム)を描く。 

  

 

 アイメイク 

① アイライン 

ブラウンのペンシルアイライナー(アイテム )を太めに引いて、上の輪郭をブラシ(①)でアイホールにぼかす。

②  アイシャドウ

薄いブラウンのアイシャドウ(アイテム 9)をブラシ(②)で目尻のキワ(三角ゾーン)に置いてから全体にぼかす。

一番初めに置いたところが濃くなるので、自然と立体ができる。

③目尻のキワ(三角ゾーン)とアイラインを引いたところに濃いブラウン(アイテム10)を重ねる。

そうすることで、目元が締まってより印象が強く見える。

キワの部分をブレンダーブラシ(③)でよくぼかして肌に馴染ませる。

④まぶたの中央にグリッター(アイテム11)を乗せる。

立体感と抜け感が出る。

⑤下まぶたも薄いブラウン(アイテム)を乗せ、アイライン(アイテム8)を引く。

⑥ビューラーをしてマスカラ下地(アイテム12)を塗り、マスカラ(アイテム13)をたっぷり塗る。

6、チーク(アイテム14)はブロンザーを使用。

​7、コントゥアー(シェーディング)(アイテム15は強めに入れる。

​骨格を強く出すことによって、アイメイクとのバランスが取れる。

8、ハイライト(アイテム16を頬の高い位置、唇の山の部分に入れる。

9、リップは敢えて何もしない。

​しっかり塗ると古臭くなる。

Items

今回使用したアイテムを紹介します

 

1、 オルタナ タイムマネージメントエッセンス

2、 オルタナ デイパーフェクション

3、 グロッシア

4、 グロッシア

5、 グロッシア

6、 THREE アルティメイト ダイアフェネス ルースパウダー

7、 THREE  プレスド アイブラウデュオ 02

8、 PAT McGRATH LABS  

   Permagel Ultra Glide Eye Pencil      Blitz Brown

9、 *PAT McGRATH LABS   MOTHER SHIPアイシャドウパレット

   Entrapment

10、  Disobedient

11、  Rose Gold  005

​12、エテュセ ラッシュバージョンアップ

13、フローフシ モテマスカラ NATURAL

14、NARS ブロンズパウダー 5102N

15、Dior  バックステージ コントゥールパレット(左下)

16、HOUR GLASS  Gold Flash

ブラシ〜

①  白鳳堂 B–657

②  MAC  230

​③  NARS ブレンディングアイシャドウブラシ#42

いかがでしたでしょうか?

 

NAOYUKIさん提案の19年秋冬メイクスモーキーアイ。

​前回のナチュラルメイクと見比べてください。

STAFF

Photographer   Sho Ueda     @uedashow

Make      NAOYUKI WATANABE    @naoykwatnb

model      RIO       

是非、撮影のメイクに取り入れてください。

次回もメイクアップのご提案をさせていただきます。

Back number